S・Sレディースクリニック ロゴ

新富谷S・Sレディースクリニック

パパ、ママになる日。ハートと医療でお応えします。
新富谷SSレディースクリニック イメージ

これから育まれる小さな命は、お母さんだけでなく、周りのたくさんの人たちにも大きな喜びをもたらしてくれる宝物です。お腹の中で赤ちゃんは、一日一日大きくなっていきます。子供を守る母体も、どんどん変化していきます。そんな日々の驚きや喜びを、ゆったりと満喫して下さい。初めて感じる胎動や、語りかけに答えてくれた時の感動は、一生忘れがたい思い出となるでしょう。
ドラマティックな出産から、ライフケアに至るまで、繊細な女性の身体には変化が伴います。生涯を通じた皆様のパートナーとして、お気軽にご相談下さい。

ご挨拶

この度、新体制となりましたのでご挨拶いたします。
三つのクリニックの一つでありましたS・Sレディースクリニック(仙台市泉区上谷刈)は、諸般の事情により平成28年9月にて閉院しました。平成28年10月1日からは、新富谷S・Sレディースクリニックと桂高森S・Sレディースクリニックの二つのクリニック体制での診療が開始しました。これまで多くの患者様や関係各位の皆様方には、大変ご心配をお掛け致しまして、申し訳ございませんでした。すでに通常通りの診療を、とどこおりなく行なっておりますので、ご安心ください。
さて新富谷S・Sレディースクリニックは、平成17年7月に開院してから、11年となりました。開院から貫いている方針があります、それはお一人お一人のお産をとても大切にしたいということです。人生の中で、とても大切な出来事の一つであるお産を、安心して無事に迎えることができるようにしたいと考えております。妊娠とわかってからお産に至るまでの間には、どの方にも多くの心配事があります。どの妊婦さんにもスタッフ一同がつねに寄り添い、心配事を一緒に考えていくようにしています。妊婦さんを自分の家族のように思いながら行動しています。スタッフの医療レベルを上げるよう日々努力しています。皆様から信頼できるクリニックになるように、日頃から考えております。新富谷S・Sレディースクリニックにてお産をして本当に良かった、といわれるクリニックを目指してこれからも励んでいきたいと思います。新体制となったこれからも、地域医療に更なる貢献をしていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

院長 遠藤 敦
副院長 山中 偉業
副院長 朝野 晃
2016.10.05

新富谷S・Sレディースクリニック通信


職業インタビュー番組「UTA PROGRAM」で、院長 遠藤 敦がインタビューされました。
「医者を目指すために必要な想い」
職業インタビュー番組「UTA PROGRAM」院長 遠藤 敦インタビュー「医者を目指すために必要な想い」
「安産になる秘訣とは」
職業インタビュー番組「UTA PROGRAM」院長 遠藤 敦インタビュー「安産になる秘訣とは」

新富谷SSレディースクリニックでは分娩締切をしておりません。分娩をご希望される方はお電話でお問い合わせください。

新富谷SSレディースクリニックでは分娩締切をしておりません。分娩をご希望される方はお電話でお問い合わせください。

平成27年7月1日より敷地内全面禁煙
当院はお陰様で平成27年7月に10周年を迎えます。
開院時より院内禁煙にご協力いただいておりましたが、この度10周年の節目にあたり、赤ちゃんとお母さん、またご来院いただく皆様の受動喫煙を防止するため、敷地内全面禁煙とさせていただきます。
クリニック駐車場での喫煙もご遠慮いただきますよう、患者様、ご家族様、ご面会の方々にもご理解とご協力をお願いいたします。

受付時間

外来診療時間
9:00-11:30
13:30-16:00
●当院は予約制です。必ず診療時間内にご予約下さい。

産科医療保証制度

当院は妊婦さんに安心して出産していただけるよう「産科医療保障制度」に加入しており、もしも重度の脳性麻痺となった赤ちゃんが生まれ、一定の要件を満たしている場合には所定の金額をお支払いいたします。